インプラントの疑問をここで解決

オールオン4というインプラント手術は画期的

インプラント治療は比較的新しい治療法ですが、天然歯のような安定した噛み心地と見た目の美しさが評判となっています。
中でもオールオン4というインプラント手術は画期的な最新の治療方法として注目されています。
オールオン4の特徴は、歯が1本も残っていない無歯顎の場合や残っている歯が数本しかないという場合でも、片顎に4~6本のインプラントを埋め込むことですべての歯を支えることができるという手術です。
これまで歯が1本も残っていない場合の治療は、数多くのインプラントを埋め込むというものでした。
たくさんの本数を埋め込むということになると、顎を切る箇所や回数も多くなり、手術時間も長く術後のはれや痛みがひどく出てしまうこともあります。
この新しい方法では体への負担が少なくなるため、高齢者の手術でも安心です。

また通常のインプラント治療の場合、無歯顎や骨が薄い、歯槽骨を失ったという人は骨造成や骨移植が必要です。
そのためインプラント治療をあきらめる人も多かったのですが、オールオン4であれば人工的に歯肉を再現することで強度を高めることができ、骨造成や骨移植を行う心配がありません。
しかも即日でインプラントを埋め込み、仮歯まで装着できることがほとんどです。
仮歯の安定した固定が得られれば、治療したその日に噛むことができ普通の食事も可能となります。
治療期間も短くなるため、これも体への負担が軽減できる理由です。
あきらめていたインプラント治療が可能となり、元通りの咀嚼や日常会話を取り戻すことができるのです。

そのほかにもオールオン4のメリットとして、費用の負担が少ないことが挙げられます。
通常は1本の歯に1本のインプラントが必要という考えが基本となるため、埋める本数が多ければ多いほど費用が高くなっていきます。
オールオン4の場合は、両顎合わせても8本までのインプラントで歯全体を支えることができるので、必要となる本数も少なく費用も軽減できるというわけです。
手術時間も短いので手術にかかる費用をかなり抑えることができます。

オールオン4の流れとしては、手術前に入念な診察や診断を行い、体や口内のチェックを行います。
インプラントを埋め込む手術を行い、その日のうちに仮歯をセットします。
1~6か月後ほど待ち、インプラントと骨が結合するのを待ちます。
それから最終の型取りを行い、最終の歯がセットされて完了です。
注意したいのは歯科医院選びです。
オールオン4は新しい手術なので治療を行っていない場合もあります。
東京のような最先端の技術や設備を扱っている歯医者を選ぶ必要があるため、やはりオールオン4をはじめとしたインプラントは東京でするべきと言えるかもしれません。 症例数や経験が少ない歯科医院も多いため、実績のある信頼できる医師に相談するようにしましょう。