インプラントの疑問をここで解決

入れ歯についての基礎知識を把握しておこう

歯を失った時に人工の歯を取り付けることで咀嚼機能を回復するのが入れ歯という治療法です。
入れ歯には様々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットの両方があるので、それらをよく理解してから自分に一番合う物を選ぶとその後の生活を快適に送れるでしょう。

まず、この治療法には部分入れ歯と総入れ歯があります。
1本から数本の歯が失われている場合に使われるのが部分入れ歯で、歯を失った部分に人工の歯を作って補い、その歯を周りの歯にバネで留めることで固定するのが特徴です。
1本から数本の歯を失った時にはブリッジという方法も選択肢に入ります。
ブリッジは失った部分に人工の歯を作り、その両側の歯を削って被せて固定するという方法になります。
ブリッジでは部分入れ歯よりも噛む力は強くなるものの、両側の歯が健康であっても削らなければ取り付けられないという問題点があります。

部分入れ歯とブリッジを比較すると、ブリッジは無くなった歯の数が多いと両側の歯にかかる負担が大きくなりすぎて使えないというデメリットがあります。
その点、部分入れ歯は何本の歯が失われていても適用可能である点がメリットになります。
固定するための金属性のバネの見た目が気になる場合は審美性が高いノンクラスプデンチャーという種類もあるため、好みに応じて利用出来ます。
また、ブリッジと違って部分入れ歯は取り外しが可能なので、こまめに外して洗うことで衛生的に使えるのも良い点です。

次に、片方の顎の歯が全て失われている時に使用されるのが総入れ歯です。
総入れ歯は床の部分の素材を選ぶことによって口の中の違和感を少なくしたり耐久力を上げることが出来るため、作製する前には医師と良く相談することが大切になります。

例えばプラスチック製の義歯を選べば保険が適用となるので、安価に製作することが出来、金銭的負担が少なくなります。
その一方でプラスチック製の義歯は人によっては口の中に違和感を感じることがありますから、その場合には床の部分にプラスチックよりも薄くて違和感を感じにくいコバルトクロムやチタンなどの金属を選ぶと良いでしょう。
金属製の床は自由診療となるため若干高価になりますが、口の中に熱を伝えやすいことにより食事の時に自分の歯だけで食べていた頃に近い使用感を得られるのも魅力です。

入れ歯は平均して1カ月ほどの通院期間で作製してもらえるので、失った歯の機能を回復させるまでの期間が比較的短いというメリットがあります。
それに加えて、保険適用のものを選べば安価に利用出来ることや、簡単に取り外して洗えるメンテナンスのしやすさもメリットとなっているので、歯を失った時にはこの治療法を検討してみましょう。