インプラントの疑問をここで解決

誤ったセルフケアでは歯周病を防げない!歯医者に助言を貰おう!

歯医者は虫歯を治すところだと多くの人が思っていますが、実は歯を失う原因となるのは虫歯よりも歯周病の方が多いです。
歯周病はみがきのこしたところから細菌が増殖し、歯肉炎と呼ばれる歯茎が腫れるという症状から始まります。
歯肉炎だけであれば、きちんと磨くことで治すことができますが、痛みがないので多くの人はそのまま放置してしまいます。
すると、炎症は歯茎だけでなく、歯を支える骨にまで及びます。
骨が溶かされると、歯を支えることができなくなり、最終的に抜け落ちてしまいます。

食後など、毎日歯を磨いているという人がほとんどです。
けれども、自分では磨いているつもりでも、磨けていないということがあります。
磨けば磨くほどいいのではないかと思い込み、歯ブラシで歯茎を傷つけるなど誤ったセルフケアをする人もいます。
歯周病を防ぐためには、セルフケアが欠かせませんが、それには歯医者に行って正確な情報を得る必要があります。

歯医者に行けば、お口の状態を客観的に判断してもらえます。
自分では気づきにくい歯肉炎でも、初期の段階で発見することができ早期治療につながるため、重症化を防ぐことができます。
磨き残している部位なども教えてもらえるでしょう。
歯の磨き方の指導もしてもらえます。
お口の状態は一人一人異なるので、状態にあった磨き方の指導です。
歯と歯の間は歯ブラシが届きにくいので、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助具を使用することもあります。

このような正しいセルフケアを実践していると、歯周病を防ぐことができ、もしなってしまった場合も悪化を食い止めることが可能です。
歯周病が進んでしまうと、抜歯などの対象になることもあります。
抜歯した永久歯は2度と元の状態には戻りません。
さらに、歯周病の菌が血液を通して全身に回ってしまうと、糖尿病などのリスクが高まります。
歯磨きは虫歯にならないためにしているという場合は、考えを改めましょう。

歯医者は痛い治療をするところだから、できれば行きたくないと考える人が多いです。
しかし、何年間も歯医者に行かず放置したお口の中の状態より、定期的に受診した患者さんの方がお口に残っている歯の本数は多いです。
大人であれば、半年に1度を目安に歯医者に行くようにしましょう。
歯周病になる前の段階でチェックをすることができ、お口の状態を常にいい状態にすることができるからです。
お口の健康だけでなく、全身の健康を守るために歯医者を活用しましょう。